About Siteこのサイトについて

デザイン力を向上させるには、インプットとアウトプットが重要だと言われています。

 

ただし、ただ闇雲にモノを見て感想を思い浮かべるだけで終わらせてしまっては、せっかくのインプットも学びの少ないものになってしまいます。

 

デザイン力を向上させるために本当に必要なことは、巧拙や優劣を問わずたくさんのインプットを行い、それぞれ何が巧みで何が稚拙なのか、どんな点が優劣に影響を与えているのかをしっかり観察して、それを自分の言葉に直して(=アウトプット)自分のデザインの引き出しに蓄積させていくことです。

 

DESiTIQUEとは

DESiTIQUEは、題材として挙げられたデザイン・プロダクトを細部までつぶさに観察し、「なぜ美しく見えるのか」「その色味によって与えられる印象」「なぜバランスが悪く映るのか」「使用フォントの妥当性」など、批評的観点を投稿・共有できるサービスです。

 

DESiTIQUEという言葉は design という英単語と、「批評する・論評する」という意味の言葉 critique を重ねた造語です。

 

批評とは強い言葉を使うことでも悪い点を殊更に問い詰めることでもなく、良い点も悪い点も平等に取り扱い、客観的な見方で評価することです。

 

そして上記のように正しい態度で批評する限り、この日本では良い評価をすることも悪い評価をすることも表現の自由として認められており、批評する題材についても(出所を明記するなど法的要件を満たすことで)著作物の引用というかたちになります。

 

デザインを見る目と感性を養う

DESiTIQUEには、ユーザーが投稿した批評を読んだり、ユーザーページでそのユーザーの批評一覧が閲覧できます。

 

自分自身の感性だけではなく、同じ題材に対して他のユーザーがどう捉えてどう批評したかという部分でも、新しい視点に気付かされるかもしれません。

 

ぜひDESiTIQUEに参加して、デザイン力を磨いていただければ幸いです。

0